札束

賃貸管理の会社に依頼するには目を養うことが先決

需要が高くなっています

男性

賃貸保証会社は現代の日本では非常に需要の高い会社になってきています。核家族化や少子高齢化は今後も進行していく事が考えられますから、利用したいのであればホームページにアクセスしたり、問合せをしたりして自分にメリットのある賃貸保証会社を探しましょう。

負担が無くなる

男の人

家賃収入は、家主にとって大事な収入源になります。その為、支払ってもらえないとなればとても困りますよね。家賃債務保証会社と契約しておくことでそういった事態を防ぐことができます。有事の際には保証会社が支払いを代行してくれるのです。

賃貸の新制度

硬貨を持つ人

一般的に、賃貸物件を借りる際には連帯保証人をつけます。しかし、最近では身寄りのない高齢者や親族に断られるなど保証人をつけることが難しい場合もあります。そこで代わりに家賃保証制度を利用することで、物件を借りることが可能になります。また家主側も家賃滞納による損害を回避することが可能となります。

賃貸経営で頼りになる存在

紙幣

外部委託はもはや常識

賃貸経営において、賃貸管理を外部に委託すると、かなり賃貸経営は楽になりますし、且つ、賃貸経営が成功する確率も上がります。賃貸管理は多忙な業務であり、難儀な業務でもあります。それを一切、賃貸管理会社が引き受けてくれますから、賃貸経営は当然、楽になります。もし、その多忙で難儀な業務を賃貸経営者自ら行えば、いかんせん素人ですから、何かしらの不具合が生じてしまう恐れがあります。そして、その不具合が物件の評判を落とし、賃貸経営の雲行きを怪しくさせることもありますから、プロでに任せてしまった方が良いのです。実際、賃貸管理会社に委託することは、もはや常識とも言える状況であり、民間の賃貸物件の場合、一部委託を含めると約9割が賃貸管理会社に委託しています。

2つの大問題も解決

賃貸管理会社の大きな特徴として挙げられるのが、入居者の募集も業務の一環として請け負っていることです。入居率は賃貸経営の成否を大きく左右しますから、賃貸経営の最大の問題となりますので、それを請け負ってくれるということは賃貸経営者にとって大変有難いことです。そういったこともあって、入居者募集能力が優秀な賃貸管理会社は人気があります。もう1つ賃貸経営で問題となるのが、家賃の滞納です。実は近年、家賃を滞納する入居者は増加傾向にありますので、家賃の滞納は決して安易に考えてはならないのです。ただ、家賃滞納問題に関しても賃貸管理会社は頼りになります。通常、滞納家賃の取り立ては業務に含まれているのです。そして、その他に家賃保証をしていて、家賃滞納があった場合、入居者に代わって支払ってくれる賃貸管理会社もあります。